くらりはりっと

新米一級建築士がボードゲームについて語るだけのブログ

ボードゲームだからと思ってキャッシュフローゲーム会に言ったら、ネットワークビジネスに勧誘された話(その1)

ロバート・キヨサキというベストセラー作家をご存じですか?

最も有名な著書は「金持ち父さん貧乏父さん」でしょう。

 

わたしはお金の勉強をしたいと、知人に相談したところ、ロバート・キヨサキの著書のうち、「キャッシュフロー・クワドラント」という本を勧められました。

お金に関する知識が全くないと言っても良いし、ビジネス書を読んだ経験がほとんどないわたしにとっては、とにかく読みづらい、とても分厚い本です。

でも何とか読み進めて行く中で、ただひとつ、興味を持った点がありました。

 

どうやら、「キャッシュフロー101」という、お金の勉強もできるボードゲームがあるらしい。

ボードゲームできて、お金の勉強もできるなんて、一石二鳥!最高!

 

と安易に思って、特に何も考えずにGoogleで、「キャッシュフローゲーム  イベント」で検索。

そして出てきたイベントに、特に何も考えずにあっさり申し込みました。

暇だったし。参加費1000円だし。

 

そして当日。

会場に向かうと、10人くらいの人たちがいました。

んーなんかよくわかんないけど、とりあえず大丈夫そう?という印象。

 

まず、ボードゲームが始まる前に30分程度、金持ち父さんの考え方に関する説明がありました。

内容はキャッシュフロークワドラントの、4つのクワドラントの違いなどの説明でした。

その後、テーブルごとにボードゲームを開始。

 

1時間半ほどゲームをやった後、ロバート・キヨサキの本を6冊勧められました。

また、キャッシュフローゲームは10回やってください、とのこと。

 

ゲームは楽しかったですし、何か勉強になりそうな本を教えてもらえたし、とりあえずまた来てみようかなーと思いました。

何より、ロバート・キヨサキの著書には、「キャッシュフロー101は何度もやらないと意味がない」のようなことが書かれていたからです。

 

何回かキャッシュフローゲームに参加するうちに、ゲームを10回やったら、「卒業セミナー」というものがある、という話を聞きました。

まあ、聞いておいて損はないかなーと思いまして、指示された本を10冊読んで、キャッシュフローゲームも10回くらいやったんです。3ヶ月くらいかけて。

 

そしたら、「卒業セミナー」の案内が来ました。

どうやら、2種類あって、どっちも受けておいた方がいいとこのと。

なんの疑いもなく、行ったんです。その卒業セミナーに……

 

つづく。

 

 

ちなみに「キャッシュフロー101」とはこんな感じのゲームです。

 

キャッシュフロー 101 (日本語版)

キャッシュフロー 101 (日本語版)